キャバクラワークは大学生にとって最高に稼げる場所!

稼げるキャバクラというのは確かに多数存在します。しかし、簡単に稼げるといっても、一定の条件をクリアしないといけません。キャバクラ店で人気が出る条件を満たしている大きなものは、①若い②可愛らしい③初々しいというものなんですよね。
その多くを満たしているのは、そうです!学生さんなんです!

大学生や専門学生こそ、キャバクラバイト向きなんです!
とはいっても、キャバクラ業界というのは、ちょっとばかりクセのあるお仕事です。

ここでは、学生さんがキャバクラで働くときのメリットをご紹介しましょう!ちょっとしたことですが、デメリットについても赤裸々にご紹介しておきます!

キャバクラで学生さんが働くメリット
コミュ力がぐんぐん向上する

学校での生活を普通に送ると、同年代の友達としか話すことができません。しかし、キャバクラワークであれば、普段話すことのない年上のお兄さんや年配の方、様々な業種の方とお話ができます。IT企業家、大企業の役員の方、経営者、弁護士、会計士、マスコミ関係者、さらにクセのある仕事をされている方など、普通では聞くことのできない話をすることが可能です。

ナイトワークで身につけたお客様への心配りや会話力を活用できれば、就職時などにも必ず役立ちます。

綺麗になって女子力をUPできる

メイク上手になるので、キャバクラで働くと、見た目が大人っぽくキレイになれます。だいたい2ヵ月間でガラリと変わりますね。

先輩キャバクラ嬢のメイク法を真似ることで、メイク用品の選び方、濃いメイクとナチュラルメイクの使い分け方もわかります。女の子は、キレイになる方が、今後の人生において絶対にお得です!

ネイル技術が身につく

ネイルをして働けるバイトというのは限られています。一般的なお仕事ではなかなか難しい。キャバクラという華やかな世界では、メイクやネイルで着飾って接客するのが当たり前。女性らしくネイルにこだわれば、その魅力にハマり、修正などは自分でやるということも可能になってきます。

自由出勤&シフトで、学業を優先できる

キャバクラは、女の子を揃えなければ、開店できません。
融通が利かなければ女の子は働こうと思えないのが、ナイトワークの宿命。これは、お店にもよるのですが、入店のときの条件で「テスト期間は休みたい」と希望を出すことによって、了承するお店は多くあります。

学校の単位が足りない…なんて、学業がおろそかになることを防止するためにも、キャバクラでのお仕事はオススメなんです。週2回の勤務でも、普通のバイト週6日働くより多いお給料をもらえますよ!

高収入GET

キャバ嬢は人気があればあるほど商売になります。売れっ子キャバ嬢であれば、時給がUPします。同僚のキャストと同じ時間、同じように働いたとしても、時給が2倍3倍違うことなんて、ザラです。

大学生、専門学生でも、月収を50万円以上稼げるのが、この仕事の魅力なんです。今後のための貯金、留学するための費用をあなたが稼ぐこともできます。

返すことが難しい奨学金を全額返済できる

約35%の大学生が奨学金制度を利用。大学卒業後に、300~400万円の借金を抱えた状態では、マトモに社会人生活を贈ることができません。初任給は多くて、18万円ほど。一体どうやって返すのですか?返済期間が15年もかかるのは当然です。

学生のころからキャバクラで頑張ることで、貯金することができれば、繰りあげ返済することも可能。就職しても、楽に生活することができますよね!

キャバクラで学生さんが働くときのデメリット
夜型の生活になってしまう

深夜まで働くことは、夜型生活にハマってしまう危険があります。着替えをして、お店の送迎を待つと帰宅時間は午前2時過ぎ…。就寝時間は、入浴時間を合わせると、さらに遅くなります。

朝の授業に遅刻すること、欠席の回数が増えると、単位を落とします。こうなることを回避するためにも、店側に「終電までに帰らせてほしい」と言っておくことが大切です。

目的意識がないとお金の感覚が狂ってくる

同僚のキャバ嬢と一緒にいると、ブランド好きになったり、アクセサリー好きになったり、高額の化粧品を購入してしまったり…。一生懸命働き、稼いだお金がムダになります。

常に自己投資と貯蓄を考え、毎月の貯金額を決め、定期預金することをおすすめします!

職業病にかかってしまう

キャバ嬢というのは、お客様のグラスの水滴をハンカチで拭いたりするのですが、合コンやサークルの飲み会でも自然とそれをやってしまいます。
おつまみを「チャーム」といってしまったり、灰皿をすぐに代えたり、とナイトワーク経験者にはすぐにバレてしまいます。