知られざるキャバクラ嬢の生活とお金の関係

あなたはキャバクラで働くキャバ嬢にどんなイメージを持っていますか?お金をたんまりと稼いで、余裕のリッチな生活をしていると思っていませんか?リッチなのは確かかも知れませんが、派手な見た目とは違い、実際の私生活というのは、出費も多く、いろいろと気を遣うものです。稼げるけど、意外とお金がかかるキャバ嬢の生活をちょっと覗いてみましょう!

意外な雑費がかかるキャバ嬢
洋服代がかかる

まず、キャバクラ嬢デビューした女の子に関しては、お店からのレンタルなどで衣装代はかかりませんが、売れっ子ともなるとお店で着る衣装を自分で用意することになります。数着を着まわせるほど持っていればいいですが、そうなるまではすべて自己負担。

キャバ嬢御用達のお店で、まずは自己調達。店内での衣装が私服やコスプレであれば、そうお金はかかりませんが、ドレスの場合はそれなりのお値段がします。今では、通販などで安く買えますが、いいものになると、ドレス代1着2万円ほど。キャバ嬢が天職だという人気の女の子の中にはフルオーダーでドレスを作るキャストもいます。

カジュアル店であれば、そんなことはありませんが、銀座や六本木などの高級店になると、お店の外で着る洋服もこだわるように店側から言われるんです。安っぽい洋服を着ていると、先輩キャストから注意をされてしまうことも!見栄を張ることで、稼げるキャバクラならではのルールですが、高額のお金を払ってお店に来てくれるお客様に対してのマナーとしては当然かもしれませんね!

コスメなどの化粧品代がかかる

洋服やドレス衣装だけでなく、基礎化粧品からファンデまで化粧品にもお金がかかるのは当然のこと。キャバクラ嬢というのは、お店や働き方にもよりますが、「夜に働いて、陽が昇ってから寝る」という昼夜が逆転したハードな生活を送っています。ですから、お肌のケアには細心の注意を払わないといけません。

高額な基礎化粧品でケアして、月に数回エステに通い、ブランド品のいい化粧品を楽しみます。しかし、今では、化粧品の質もあがり、ドラッグストアで済ましてしまう人気キャバクラ嬢もいます。ですが、こだわりを持つキャバ嬢は高額なものを購入してしまうとか…。一度高い化粧品の良さを知ると元に戻ることができなくなるそうです。

だいたい、50万円以上稼ぎはじめると、高級品に興味を持つようになるそうです。お肌のハリツヤをお客様に褒めらてもらえるのがうれしいそうですが、何より、同性の同僚キャストからも褒めてもらえるのが最高にうれしいようです。女性ですから、このくらいのことは当たり前のことかもしれませんが、頑張れば頑張っただけ返してくれるのがスキンケアのようですね。

太るとバレるので、食べ物や運動にこだわる

お店では薄いドレスやワンピースを着ているので、1㎏でも太ってしまうとお客様や同僚キャストにすぐにバレてしまいます。「ちょっと太ったんじゃない?」といろいろな人に言われるほど、女性として否定されている気持ちになるものです。

ただでさえ、一般的なお仕事よりスレンダーな女の子が多い業界。周囲のキャストと比較されて、お店のおデブちゃんキャラにならないように常に努力を惜しまないようにしなければなりません。ダイエット食品を買ったり、お店終わりにジムに通って汗を流したりする女の子も数多くいます。ジムにもお金がかかってきますし、何よりも大切なのが、高級なものを食べることだそうです。魚や野菜を中心に高いお肉で優れたたんぱく質を取ることが必要。月に数百万円稼ぐ人気のキャバ嬢になると、毎日高級鮨店で外食をするそうです。

ここで六本木の人気キャバ嬢の私生活と使っているお金に密着!

六本木の某キャバクラ店で働く綾香(キャバクラ店勤務歴2年/23歳)ちゃんの1日

≪スケジュール≫
10:00 起床
10:30 ウェアに着替えて、ストレッチとランニング(3キロ)
11:30 そのまま近くのカフェでブランチ※1,200円
12:30 帰宅後、シャワー
13:00 読書など趣味の時間
15:00 メイクして外出※化粧品総額28万円
15:30 ショッピング※プレゼント代、ドレス代※11万3,000円
18:00 帰宅後、出勤
18:20 ジムでトレーニング後シャワー、軽く夕食※ジム入会金+月会費5,800円、食事代3,670円
19:50 サロンでヘアメイクとメイク※毎回2,000円
20:30 入店、着替えなどの準備
21:00 お仕事スタート
02:00 お仕事終了、退店
02:30 自宅近くのバルで夜食とお酒
04:00 帰宅(おつかれさまでした~♪)

まとめ
月収234万円の彼女の1日、いかがでしたか?
六本木に住む彼女の生活ってリッチだけど、お金がかかるものです!
でも、使っているお金は自分のためになるもの!!
あなたも彼女のように稼いで、しっかり生きたお金を使いましょう!