お客様との距離を縮める会話術!

キャバクラデビューする新人の女性たちが一番不安に思っていること、それは接客のことです。「お客様とどのように接すればいいのかわからない」「何を話せばいいのかわからない」という相談は非常に多く、オーナーさんやスタッフさんも親身になって新人さんにレクチャーします。

まず大切なのは、キャバ嬢はお客様との距離をしっかり縮めること。キャバクラ嬢がお客様と出会う初めてのキッカケは、フリー指名でたまたま席につくか、フリー客が店内で一目惚れし、場内で呼ばれるかのどちらか…。この時点で、お客様の心をしっかりと掴むことができれば、リピーターになってくれるチャンスがあるということです。

ここでは、一番大切な、うまいお客様との距離を縮め方をお教えしましょう。

まず最初にすべきこと

当然のことですが、お客様にあなた自身に興味を注いでもらわないといけません。さらに次の指名につなげるための努力も必要ですね。そのための第一歩…<先に相手に興味を持つこと>です。

この方法は、心理学的に【好意の返報性】ということで証明されています。相手に何かしてもらうと、人はお返しをせずにいられないというものです。ざっくり言ってしまうと、相手の好意に、こちらも自然と好意を示してしまうというものです。

何をすればいいか

とにかくお客様の話に興味を持って、ひたすら相槌を打ちながら、関心を持って話を聞いてください。「そんなことは言われなくてもやっている!」というあなた、しっかりと指名や人気を得ていますか?もしもできていないようであれば、お客様への興味の度合いが足りていないのです。

ハゲいる、太っている、脂ぎっている中年のお客様だったとしても、松坂桃李や福山雅治さんだと思い込み、お話をしっかりと聞きましょう。

どのようにすればいいか

お客様に興味を持って話を聞くと、どうなると思いますか?
まず、自然と目の瞳孔が開き、瞳が大きくなり可愛いくなります。人は対象に興味を持つと瞳孔が開くという生理現象が起こるのです。

さらに、興味を持つと人間というのは好かれようとするので、自然とポーズや仕草がキュートになっていくのです。お客様は「オレに好意があるのかな?」という気持ちになりますので、不思議と時間延長や次回の指名につながるのです。また、さらにキャバクラ嬢に好意を伝えるためにボトルを入れたり、シャンパンなどの高級な抜きものを入れたりします。

そもそも、男はなぜキャバクラに通うのか

キャバクラで働くキャストたちが一番嫌がるのが、下心丸出しのエロ客。しかし、キャバクラにやってくるお客様に、そういった方は意外に少ないです。ではなぜ、お客様は高額なセット料金やドリンク料を支払って、キャバクラに通うのか。

実のところ、お客様の誰もがどこかで自分を認めてほしい、その存在を受け入れて欲しいのです。会話を通じて、自分の価値を確かめ、自分が誰かに理解してもらえているということでホッと落ち着けるのです。これがキャバクラに通い詰める男性の心理です。大切なのは「認めてあげること」。これだけです。

ポジティブさを会話に活かす

ポジティブ思考を会話に活かすことは非常に有効です。このことを心理学では【陽転思考】というのですが、これができるキャバクラ嬢というのは、会話をしていても気分いい、元気をもらえる、楽になる、というお客様の支持を高める結果になります。人気者になっていくということですね。

その一例

例えば、あるお客様がこんなことを言ったとします。
「オレは、昔から友達が少ないんだよ」
そう言われたとき、友達が少ないというネガティブ部分に意識を向けるのではなく、<友達が少ない=このお客様はひとりの時間が長い=ひとりで何をしているのだろう?=何か趣味があるのかな>となります。

このようにひと言のつぶやきを膨らませることによって、相手に興味を持つことができ、会話をポジティブへ持っていくことができるのです。そして、お客様の趣味の話を「なぜ?」「どうして?」「そうなんだ!」と増長することができるのです。これを【陽転思考の会話術】と言います。一番大事なのは、相手を思いやる気持ちです。

相手に興味を持たせる心理学を使う

あなたは、美味しそうなりんごをお腹いっぱい食べた後に「もう一口食べる?」と問われるか、ほんの一口だけ食べた後に「もう一口食べる?」と問われるか、どちらの“もう一口”に興味を持ちますか?

もちろん、後者ですよね。これが心理学で言うところの【りんごのひとかじり】というものです。もう一口をたまらなく欲してしまうという欲求を駆り立てる心理です。お客様との会話に置き換えれば、相手が知りたいという欲求に対し、多くを語らず、情報を小出しにすることが大切になります。

興味をもってほしい相手に、自分のことをもっとわかってもらいたいと、多く話し過ぎると、相手はお腹いっぱいで、それ以上の興味がなくなってしまいます。

「どんな食べ物が好みなの?」と聞かれたとき、「そうですね、中華が好きで〇〇のエビチリが大好きなんです。このお店はエビがかなりおいしくて、それでエビマヨなんかもおいしくて…」と話のすそ野を広げれば広げるだけ、相手の知りたい欲求は薄れます。

逆に「中華ですね。○○さんは何がお好きなんですか?」と質問を切り返すのが上手なキャバクラ嬢の会話です。多くを語らず、男性からミステリアスな女性に見えるようにした方が得策です。