いまさら聞けない!!キャバクラの給与システム

女の子の高収入バイトのイメージがあるキャバクラ。
気軽の始められるライトなナイトワークという事もあり、キャバクラで働いてみたいという女の子は多いと思います。

そこで気になるのがキャバ嬢のお給料です。
普通のバイトとは少し異なるキャバクラの給与システムをしっかりと解説します。

キャバクラの給与システム

まずは、キャバクラの給与システムを解説します。

キャバクラの給与システムは大まかに4つに分類されます。
「時給スライド式」「売上バック式」「指名バック式」「固定時給式」の4パターンです。更に「固定時給+売上や指名バック」など、この組み合わせでお店ごとに色々な給料システムが存在します。

時給スライド式

指名本数やポイント、売上などが設定してある基準を超える毎に階段を上がるように時給がスライドするシステムです。
お店によって基準も、カウントする対象も異なります。

例1)本指名本数の場合
~10本 3000円
~30本 3500円
~50本 4000円
~70本 4500円
というように、本指名の本数に応じて給与が上がります。
自分のお客さんを持っているかが大きなポイントとなります。

例2)ポイントの場合
ドリンク1杯 0,1pt
場内指名1本 0.5pt
本指名1本  1pt
というように様々なことにポイントが割り振られ、その月のトータルポイントによってお給料が上がります。

売上バック式

名前の通り、自分が上げた売上の何%かをバックとして受け取るシステムです。
一般的には、固定時給+売上バックの組み合わせがお給料になります。繁華街の有名店で人気のあるキャバ嬢さんは固定給無しのフルコミッションで、売上の50%をもらっている人もいます。

例)固定時給+売上バックの場合
固定給3000円×40時間=120,000円
月間売り上げ100万円×バック率30%=300,000円
120,000円+300,000円=42万円

例)売上バックのみの場合
月間売上200万円×バック率50%=100万円

指名バック式

指名1本につき○○円、という風に歩合をバックするシステムです。
バック単体で使われることは少なく、一般的にはスライド時給や固定時給と合わせて使われます。
また、指名のほかにも同伴バックやドリンクバックなどを設定しているお店もあります。

例)本指名1本につき1000円の場合
月に10本指名を取れば時給のお給料にバックの10,000円がプラスされます。

固定時給式

売り上げや指名などの成績によって時給が変動しないシステムです。
入店したばかりのキャバ嬢さんに指名実績が付くまでの猶予期間として保証時給を固定にする場合と、その月の売り上げなどの成績によって翌月の時給が固定で決定される場合があります。

例)固定時給式
保証時給として2か月間は3500円に固定

お給料のシステムはお店によって様々です。
優良店の場合は質問すると丁寧に教えてくれるので、面接や体験入店のときに質問してみることをお勧めします。
逆にちゃんと説明できないようなお店は不当なお給料で働かされたりする可能性があるので、やめたほうが無難です。

こんなにある!お給料+αの収入

キャバクラの求人を見ているとお給料のところに、各種歩合バックや高額バックありなどと記載があることが多いです。
時給+αで稼げるインセンティブは、お店の価値観や考え方で少しずつ違いますが、たくさんあります。

1, 指名

指名には、お客様が最初からお目当てのキャバ嬢さんを指名する「本指名」と、フリーのお客様がその場で気に入ったキャバ嬢さんを指名する「場内指名」があります。どの給与システムでも本指名の方がお給料には大きな影響を与えます。

2, 同伴

お客さんと食事などに行ってそのままお店に出勤することです。お客さんの少ない早い時間にお客さんを連れてくることでお店にもプラスになるため、インセンティブをつけているお店が多いです。

3, ボトル

指名の席でキープボトルやシャンパン、ワインなど、ボトルが入った場合は席の担当キャバ嬢さんにインセンティブが入ります。

4, ドリンク

指名やフリーに関係なく、接客中にドリンクをもらったら1杯あたり100円~500円程度のドリンクバックや、ポイントを付けているお店もあります。

5, 出勤

レギュラー勤務や、キャストの少ない日の出勤、月に○日以上などのお店の基準をクリアした場合にインセンティブが入ることがあります。

6, 友人紹介

自分の友達にお店を紹介して、その子が働いたら紹介料としてもらえることがあります。金額はお店によって違いますが、5,000円~10,000円くらいが多いです。

お給料から引かれる金額

キャバクラでは稼げるだけではありません。
逆にお給料から引かれる金額もあります。

1, 税金

源泉徴収として総支給額の10%(+復興税0.21%)が引かれます。
たまに時給を高く設定していても、源泉徴収の名目で給与の総額から15%~20%引くお店があります。お店が納税しているのは10%まので、それ以上はお店の収入になっています。

2, ヘアメイク代

お店で専属のヘアメイクさんにセットしてもらう場合と、提携美容室へ行く場合があります。金額も無料のお店から、1回500円など利用した分だけ支払うお店、毎月定額を引くお店などがあります。

3, 送り代

終電後などにキャバ嬢さんを送迎車で送ってくれます。無料のお店もあれば、距離によって500円から高いのもで3000円も徴収するお店もあります。終電後まで働く場合は送りの料金は事前に確認しましょう。

4, 貸ドレス代

貸ドレスは無料のお店が多いですが、たまに1回500円など衣装代としてお給料から引かれるお店があります。

5, 厚生費

ヘアメイク、送り、ドレスなどひっくるめて「厚生費」として徴収しているお店もあります。

6, 罰金

欠勤、遅刻、ノルマ未達成に対して罰金を取るお店があります。ただしノルマに対する罰金は労働基準法違反です。遅刻や欠勤に対する罰金は、違反ではありませんが金額には制限があります。最近はノルマ・罰金一切なしのお店も増えています。

まとめ
ちょっぴりややこしいキャバクラのお給料システム。
お店によって全然違います。
お店を決める際には、時給以外にも引かれるお金とプラスでもらえるお金や、自分にとって稼ぎやすい給与システムを意識して決めると、より稼ぎやすくなります。
賢く稼いでくださいね。