【完全版】キャバ嬢の確定申告・マイナンバー徹底解説

キャバクラで働く上で気になるのがマイナンバー

マイナンバーとは国民ひとりひとりに12桁の管理番号をつけて、その番号で社会保障や個人情報を管理把握するというもの。

このマイナンバーによって、所得が把握され、会社や家族にキャバクラで働いているのがバレる?!なんて不安な声もよく耳にします。

そこで、今回はキャバ嬢にとってのマイナンバー制度や、会社にバレない確定申告の方法などをご紹介します。

マイナンバーと確定申告の関係

そもそもキャバ嬢に確定申告って必要なの?

そう考えるキャストさんも多いと思います。

マイナンバーを提出していたらその番号で個人の収入は全て紐付けされ、キャバクラでの所得もしっかりと把握されています。

そうなるとお店が収めてくれている10.21%の税金で足りない場合は追加で徴収されます。

もし払わずにいると、過去に遡ってまとめて支払いを命じられたり、罰則付きで約1.5倍の金額を請求されることもあります。

そうならないためにも、確定申告はしておいたほうが無難です。

そもそも確定申告って何?

確定申告をするとその所得に応じて払うべき税金(所得税・住民税)が確定し、お店が源泉徴収として10.21%引いて納税している金額と比較して

  • 払い過ぎた分は還付金として返ってくる
  • 足りない分は追加徴収として支払う

さらに国民健康保険に加入している場合は、翌年の健康保険料が所得に応じて変わります。

結局確定申告は得?損?

キャバクラで働いている場合は確定申告をすることで得する場合も多くあります。

専属キャバ嬢で1000万円くらい稼いでいたら税金は高くなりますが、年収300万円未満のキャバ嬢さんなら逆に税金が返ってくるかもしれません。

キャバ嬢は営業で使ったお客さんとの飲食代やプレゼント代、ドレスなどの衣装代、タクシー代等も領収書を取っておけば、経費として計上することができます。

お店がきちんと納税していた場合
(源泉徴収)200万円×10.21%=20万4200円

1年間働いた経費の合計が100万円合ったとしたら、
(課税所得)200万円-100万円=100万円

100万円の所得に対する税金は、所得税約3万、住民税は約7万

源泉徴収として納税している20万円との差額は約10万円!!

この場合10万円が返ってくる事になります。

そうすると、確定申告したほうが得になります。

主婦キャバ嬢が意識すべき2つの年収の壁

確定申告で税金が戻ってくるとはいえ、張り切って働きすぎると主婦の場合は家族にばれてしまうリスクもあがります。

それが旦那さんの扶養に入っている場合です。

旦那さんの扶養内で働こうと思うと意識しないといけない年収の壁が2つあります。

  • 130万円の壁(社会保険の壁)
  • 103万円の壁(配偶者控除の壁)

2018年1月から扶養控除の妻の年収上限が103万円から150万円まで引き上げられます。

しかし夫が会社員の場合、妻の年収が年収130万円を超えると扶養家族から外れ年金や保険料を自分で払わないといけなくなります。

そうなると手取り収入が減ることはもちろんですが、扶養を外れたことで旦那さんにキャバクラの副業がバレル原因になりかねません。

103万円の壁については、もともとは一定の額の「配偶者控除」を受けるための上限でした。

法改正に伴い103万円という上限は今後は廃止されるでしょう。

しかし企業によっては法改正後も現在の103万円を会社から支給する扶養手当」「家族手当」「配偶者手当」の基準にしている場合もあるため注意が必要です。

会社に副業がバレない確定申告の方法

副業としてキャバ嬢をしている女性にとって気になるのが会社にばれることですよね。

結論から言うと、普通徴収で確定申告をすればバレません。

通常、住民税はお給料から天引きして会社から「特別徴収」で納税しているのですが、普通徴収として自分で支払うこともできます。

やり方は簡単。

確定申告書にある「自分で納付」というチェック欄にチェックするだけ。

これだけで、自分で支払うことができるので会社に増えた分の住民税の額が通知されることはなくバレル心配もありません。

最後に

マイナンバー制度の普及によって色々なことが紐付けられるようになりました。

キャバクラの副業で稼いだ収入が把握される可能性も高くなったと不安になる女性も多いようです。

キャバクラによってはマイナンバー対策をしっかりしているお店や、専属のスタッフ、相談窓口を用意しているお店もあるので不安ならそういったお店を選ぶこともお勧めです。

また、確定申告についてはあくまでお店がきちんと納税していた場合のみです。

自分を守るためにもしっかりとした優良店ではたらきましょう。